Menu
Menu

女性の薄毛の治療方法には何があるのか

AGAは男性だけでなく、女性でも起きることがあります。特に更年期で女性ホルモンが減少することにより、男性ホルモンの比率が上がるため、脱毛が起きやすくなるのです。このような時の治療方法としては、育毛メソラピーといって、頭皮に直接注射をする方法や、毛髪の再生を促す方法があります。しかし一般的には、飲み薬を使ったり、皮膚に直接塗る外服薬を用いたりします。AGA治療で内服薬といえばプロペシアが有名です。しかしこのプロペシアはフィナステリドという成分が主体となっていて、男性に効果はあるものの、女性にはほとんど効果がありません。しかも妊娠中の女性がこの薬を使うと、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。

そのため女性のAGAには、パントガールという薬が使われます。この薬は効き目が穏やかなので、即効性を期待する人には物足りないかもしれません。しかし3か月ほどで徐々に効き目が現れてくるようになります。そして外服薬としては、ミノキシジルがあります。この成分を使った市販の育毛剤もあります。ただし男性用に作られていることが多く、男性用は女性が使うにしては濃度が高いこともあります。そのため副作用が起きることもありますので、注意するようにしましょう。それからこのミノキシジルが効果があるのは、壮年性の脱毛の場合です。

まだ若くて、しかもダイエットが原因で髪が抜けたなどという人は、使っても効果が出ないことがあります。さらにもうひとつ、気をつけておきたいことがあります。このAGAの治療には、健康保険が適用されないということです。つまり薄毛そのものは病気ではないので、保険の適用外となり、しかも治療期間も長く、そのため費用がかなり高くつくこともあります。費用を抑えたい場合には、ジェネリックの薬品を使ってみるのもいいでしょう。また、もしストレスや自律神経に関する病気があり、その結果髪の毛が抜けるようになったという場合には、健康保険の適用を受けることも可能です。

PR|お小遣いNET|クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|生命保険の口コミ.COM|健康に役立つ口コミ情報|マッサージのリアル口コミ.com|エステサロンを上手に利用する情報サイト|AGAでお悩み解決|生命保険の選び方|ダイエットチャレンジ100日|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|